消費者金融にお金を借りる際の注意点について

1.簡単な手続きだけで借入が可能

長い人生の間にはどうしても急いでまとまったお金が必要になる時がありますが、貯金も全然なく給料日までにはまだ日があるという場合は困ってしまいます。

知り合いにお金を借りるのは抵抗があるというならば、消費者金融のカードローンやキャッシングを利用する方法がおすすめです。
担保や連帯保証人を用意必要もなく、簡単な手続きだけで借入が可能なのでとても助かります。

消費者金融でお金を借りる時の注意点としては、しっかり金利を確認することです。
とりあえず借入をしたいからと、高額な金利の業者に申込んでしまうと、なかなか返済が終わらずに苦しむことになります。
ランキングサイトなどで金利を比較して、少しでも安い所に申込むことが大事です。

最近は無利息サービスをおこなう業者も増えてきていますが、無利息サービスを利用するには条件があるので、条件をしっかり確認してください。
ほとんどの業者が初回限定で無利息サービスをおこなう所が多いですが、この条件を知らないで申込んでしまうと、無利息サービスが適用されずにガッカリすることになります。

2.無利息サービスの注意点について

無利息サービスは、借入をした翌日から適用される所と、契約した翌日から適用される所があるのでよく確認することが大事です。
契約した翌日から無利息サービスが適用される場合は、借入をしなくても無利息の期間がどんどん消化されてしまいます。

私もこのサービスのことを良く知らなかったので、とりあえず契約だけしておいて、お金が必要になったら借りようと思っていましたが、いざ借りてみたらすでに無利息サービスの期間は終了していたことがありました。

消費者金融のカードローンやキャッシングに申し込める条件として、安定した収入があると人となっていますが、安定しした収入というと、サラリーマンや公務員などの高収入の正社員というイメージを持つ人も多いです。

しかし安定した収入とは、高収入のことを言うのではなく、毎月決まった額の収入があることを言うので、パートやアルバイトでも毎月決まった額の収入があれば、安定した収入とみなされ審査に通ることが可能です。

3.総量規制で年収の3分の1までしか借入できない

ただし消費者金融には総量規制があるので、年収の3分の1までしか借入ができません。
年収が300万円ならば100万円までしか借ることができないので、自分の年収をしっかり確認して申込むことが大事です。

年収の少ないアルバイトやパートの場合は、借入ができる額も少なくなるので注意が必要です。
収入がまったくない専業主婦の場合は、借入を断られる所がほとんどなので、どうしてもお金を借りたいという専業主婦の方は、総量規制のない銀行や信用金庫などで借入をするといいでしょう。

他にも消費者金融でお金を借りる時の注意点としては、利用限度額を決める時はあまり高く設定をしないことです。
利用限度額を高く設定してしまうと、限度額以内ならば何度でもお金を借りられるので、ついつい調子にのって借りすぎてしまいます。

4.職場への在籍確認をおこなうので注意

逆に限度額を低く設定しすぎるのも要注意です。
限度額が低いとすぐに借入ができなくなるので、別のカードローンに申込んでしまい、自分がどのくらい借金をしているのか把握しにくくなります。

消費者金融ではほとんどの業者が、職場への在籍確認をおこなうので注意が必要です。
もちろん業者名を名乗って職場に電話をかけてくるわけではないですが、知らない人から電話がかかってくると、周りの人に怪しまれてしまいます。

業者によっては、収入証明書や保険証など会社に勤めていることを証明できる書類を提出すすることで、職場への電話確認の代わりにすることもできます。すべての業者が職場への電話確認をなしにできるわけではないので注意が必要です。

今話題のPayPay(ペイペイ)ってどんな決済方法?メリットは?

1.PayPayとは

PayPayとは、スマホ決済サービスの一つで、ソフトバンクとヤフーの合弁会社です。
事前にスマホにアプリをインストールし、電子マネーをチャージしておくもしくはクレジットカードを登録しておくことで、アプリを使って実店舗での支払いが可能です。

PayPayのアプリには、ヤフージャパンのIDを使ってログインすることになります。
IDを持っていない場合には、ヤフージャパンに新規登録を行うか、電話番号とパスワードを設定しPayPayに新規登録することになります。

ヤフージャパンIDで登録した場合には、ヤフーマネーの利用やヤフーウォレットからチャージすることも可能です。

アプリにクレジットカードを登録するメリットとしては、残高不足になっていてもチャージなしで自動決済されるところです。
支払いする際には、QRコードもしくは、バーコードを使って支払うことになり、どちらを利用できるかは店舗に設営されている設備次第となります。

QRコードが店舗の掲示されている場合には、スマホのアプリから店舗の掲示されているQRコードを読み取り、支払金額を入力し、店員に金額を確認してもらえば支払いが完了します。
バーコードを見せる場合には、店員にアプリに表示されたバーコードを見せ、そのバーコードを読み取りしてもらうことで会計が完了です。

2.スマホだけで支払いの完結が可能

PayPayを使うメリットとしては、スマホだけで支払いを完結させることができるところです。
アプリのダウンロードからチャージ、支払いまで面倒な手続きなしでスマホだけで操作が可能になります。

また、登録やチャージ、支払い利用の際にも手数料無料になっています。
どのチャージ方法であってもチャージに手数料がかからないようになっているため、使いやすいチャージ方法を選ぶことができます。

還元率の高いクレジットカードでチャージするようにすれば、チャージする分のポイントを貯めることも可能です。
クレジットカードの選び方次第ではポイントを貯めやすくなります。

また、支払額の0.5%が還元されるように設定されているため、利用すればするほどお得になるようになっています。

還元率が高いとは言い切れませんが、キャンペーンなどが行われている期間はより高い還元率に設定されることもあり、残高の有効期限は、最後にチャージした日もしくは、特典やキャンペーンで残高に進呈された金額が足された日など、残高が変動した日から2年後と設定されています。

チャージし続けている限りは有効期限を気にする必要はありませんが、期限が切れてしまうと失効してしまうため、注意して利用することです。

3.指紋認証と顔認証の生体認証が可能なこともメリット

生体認証が可能なこともメリットの一つです。
指紋認証と顔認証のどちらも設定することができるため、本人以外が支払いすることは難しくなります。

より安全性を高めるためには、生体認証を設定しておくことです。
生体認証の設定は、アプリからセキュリティ認証を選び、端末の認証を有効にするを選ぶことで設定できます。

アプリからは他にも利用明細を確認することもできるため、どんな支払い方法で購入したかなどの詳細を見ることが可能です。
PayPayが使える店舗はまだ少ないですが、今後増えてくるとされています。

また、公式告知によると店舗側に導入するための費用がかからないとされているため、小さな店や個人店舗で導入しているところもあります。
アプリのインフォメーションから利用できる店舗を探すことも可能です。

現在地からエリア検索することも可能になっているため、近場で使える店舗を探すことができます。
2019年2月からはオンライン決済にも対応予定となっており、少しずつ利用できる店舗が増えています。

 

関連記事

ecoPayz(エコペイズ)口座の開設・登録方法

基本中の基本!投資するなら賢く分散投資しましょう

1.分散投資の重要性とは?

投資をするときには、さまざまな手法がありますが最も重要なことは分散投資をすることです。
分散投資を表す有名な言葉に、卵を1つのかごに盛らないというものがあります。

これは1つのかごに盛ると、かごを落としたときに卵が全部割れてしまうので、複数のかごに卵を持っていれば1つのかごを落としても他は大丈夫というものです。

つまり複数のものに投資をしていれば、1つの投資先がだめになっても他は大丈夫ということです。
投資をするときは多くの種類がありますが、分かっているものに集中してしまうことがあります。

多くのものに分けて投資すればするほどリスクも抑えられます。

2.1つのもので損失を出しても他のもので取り戻せる

分散投資のメリットは、1つのもので損失を出しても他のもので取り戻せるところです。
しかし注意も必要で、分散したつもりができていないことがあることです。

株式投資は多くの銘柄を保有していても、同じような業種のものばかりでは、同じような値動きをする可能性がたかくなります。
投資は個別の要因だけでなく、経済動向や世界情勢など個別の要因以外でもの価格が動きます。

経済動向や世界情勢は、同じような投資先では同じような影響を与えるからです。
そのため、分散をさせるときは値動きが似ていないものを選ぶことが大切です。
株式だけでなく、債券や外貨、金など、さまざまなものに分散することでリスクを抑えらます。

3.1つのものに集中させないことでリターンも小さくなる

分散投資をするデメリットは、1つのものに集中させないことでリターンも小さくなることです。
自分が投資に回せる資金も分散させることになるので、大きく値上がりしそうなものに資金を集中させられません。

そのため投資先の1つが大きく値上がりしても、投資資金が少なければ大きな利益にはならないからです。
リスクが低くなるということはリターンも小さくります。

また、あまりにも資金が少ないとあまり分散をさせることもできません。
通常は投資をする場合、投資先によって最低購入金額が決まっています。

資金が少ないと、それだけ多くのものを購入するのが困難になりメリットも受けにくくなります。
また、多くの種類へ投資することで管理する手間は増えます。

それぞれ値動きが異なるということは、売買のタイミングも違うということです。
情報収集も幅広く行う必要があり、数が増える分だけ大変になります。

4.投資信託は少額資金でも分散投資できる

少ない資金でも分散投資をしやすいものがあります。
それが投資信託です。

投資信託は、投資家から資金を集めてプロが運用します。
多くの資金を集めて色々なものに投資して資金を増やしていくことを目指します。

投資家は、運用成績が良ければ利益として受け取れます。
少ない資金でも多くのものに分散できるだけでなく、プロが運用をするので細かい売買を自分で行う必要もなくなります。

投資信託は銘柄によってテーマが決まっているので、ある程度投資先が決まっています。
自分が良いとい思うテーマを選んで投資できます。

5.時間の分散投資とは?

また、分散投資は投資先の種類だけでなく時間的な分散方法もあります。
時間をずらして投資することで、一時的な価格変動のリスクを抑えられます。

時間的な分散方法の1つとして、定期的に一定金額を投資する積み立てがあります。
株式や金などは、毎月自動で一定金額を投資する方法があります。

価格が下がっているときには多くの数を購入でき、価格が高いときには少ない数の購入になります。
そうすることで取得コストを平均化することができます。

分散させるときには、時間や投資先の地域、商品、通貨を分けることを意識ます。
なるべく相関性のないものへ分けることで、リスクを抑えて分散する意味が大きくなります。
自分では難しい場合は、セットになっている商品へ投資すると分かりやすいです。

あなたはできてますか?パートナーに感謝の気持ちを伝えましょう

1.感謝の気持ちは大切です

日頃から、奥さんに「ありがとう」という感謝の言葉を伝えることはできているでしょうか。
夫が感謝の気持ちを伝えている場合、奥さんは離婚を考えず円満な家庭を作ることができるそうです。

もし、夜寝る前まで家事に追われていた場合、「主婦なんだから当たり前だ」という言葉と「遅くまで大変だね、いつもありがとう」という言葉では、同じ作業でもモチベーションが全く違ってきます。
反対に、外で一生懸命働いている夫に対し、「いつもご苦労様です」という感謝の気持ちを持つことも本当に大切な事だと思います。

生涯のパートナーは毎日同じ家で生活するものですから、お互いにすっかり慣れてしまいます。
慣れるとありがとうの言葉を伝えるのは照れくさくなります。

しかし、たった1秒で言える言葉であり、言うだけで相手の心が潤うものなのに、どうして言わないのだろうと思ってしまいます。
私の家では、ほんの小さなことでも常日頃からありがとうと言っています。

例えば、テレビのリモコンを取った時やお醤油を取った時などです。
一つのコミュニケーションの言葉となっているので、それがむしろ当たり前なのですが、世間の旦那さんはほとんど言わないそうです。

2.内心では伝えたくてもなかなか上手く伝えられないことも・・・

ありがとうという5文字を口から発することはできる人でも、美味しいご飯を作ってくれて、大変な子育てを頑張ってくれて、といった具体的な事柄に対して感謝の言葉を述べることは苦手なようです。

もしかすると、旦那さんは内心では伝えたくてもなかなか上手く伝えられないと思っているかもしれません。
実際に、そういった悩みを抱えている人は多いという話もあります。

もしパートナーに改まってありがとうと言えない場合、小さな感謝を積み重ねれば良いのです。
本当に何気無い日常の中で、何かをしてもらったタイミングでありがとうと言うことで、改まって伝えなくても妻は夫の気持ちを、夫は妻の気持ちを察するようになると思うからです。

改まった言葉も嬉しいですが、やはり毎日の小さな言葉の方が嬉しい場合もあるのです。

それでも、ありがとうという言葉は恥ずかしくて絶対に言えないという人もいます。
そのような場合は、メールを利用すると良いです。

メールは文章を考えながら作ることができますので、自分なりに伝えたい言葉を選びながら相手に送ることができます。
もしメールでも言えないという場合は、言葉ではなく行動で示せば良いのです。

3.お互いを思いやり、労いの言葉を伝えることが夫婦円満のコツ

例えば、ご飯を作って食べている時に「これ美味しいね」と言ったり、遅く帰ってきた夫に「お疲れ様、コーヒー淹れたよ」と持って行くだけで、パートナーは大切にされていると思えます。

お互いを思いやり、労いの言葉を伝えることが夫婦円満のコツです。
照れくさい人は、そのような方法でパートナーに思いを伝えているようです。

中には亭主関白で全く隙を見せない夫もいるそうで、普段は全くこちらに関心を寄せないけれど、年に何度かは封筒にお金を入れて好きな物を買うようにと渡してくれる、年に2回は必ず旅行に連れて行ってくれるといったサービスを心掛けているという夫もいます。

素っ気無いパートナーでも、相手を不要だと思っている訳ではないので、皆さん何かしらの方法でありがとうの気持ちを伝えていることを知って、心が温まりました。

結婚して何十年も経ち、相手の事をとことん理解できている関係になると、阿吽の呼吸で何も言わなくても仲良く生活ができるのでしょうが、その境地に達するには年月が掛かります。

また、そこに到達するまでに色々な苦難があったのだろうと思います。
若いうちからありがとうと伝えることを習慣にしてしまえば、熟年離婚もなく一緒に歳を重ねていくことができるでしょう。
今一度、自分がパートナーを労い、大切にできているかを立ち止まって考えてみるのも良いことです。

デスクワーク者注意!座りすぎは早死にするって本当?

1.欧米では椅子に長く座ることが問題視されている?

便利になった現代では室内空調も整った、オフィス内でのデスクワークが働く人のメインであり、快適な環境が整いハードに動くことの無いので快適です。ですがデスクワーク者は注意をしたいのが、座りすぎは早死にすると言われているためであり、ただの噂で済む話ではありません。

すでに欧米では椅子に長く座ることが問題視されるようになっており、2000年以降にはテレビCMを利用して、長時間座ることへの警鐘とキャンペーンを、オーストラリアでは行っているほどです。

英国身体活動指針を定めたのは、この問題に世界でも最も取り組み始めたイギリスであり、仕事時間の立ち時間や座る時間に関しての勧告をしています。

仕事に取り組む1日の中で、2時間から4時間は椅子に座る時間を減少させて、低強度の動きとなる、歩いたり経つという行動をするべきと勧告をしています。
ガイドラインを受けた企業の中には、スタンディングデスクを導入する動きも活発になり、デスクワークをするにしても、立ったまま行うケースが増えました。

2.長時間の座りすぎは死亡リスクを高める

腰かけたまま仕事ができるのは、楽ですから良いことばかりに感じますが、座った状態は第二の心臓が、いわば活動停止状態です。
結論から言っても長時間の座りすぎは、死亡リスクを高めることになりますし、罹患リスクも同様に高めることになります。

左胸にあるのは本物の心臓ですが、人間にとっての第二の心臓と呼ばれるのは足のふくろはぎ部分です。
長く座り続けていると脚の筋肉は、当然のことながらあまり動くことがありません。

完全にふくろはぎ自体が動きを止めているので、本来はポンプ役として働くのができてはいない状態です。
心臓から血液は全身を巡りますが、下半身へおりて行った血液に関しては、必ず押し戻してもらわなくてはなりません。

その際にポンプ役となり心臓に大切な血液を順調に押し戻す役割をするのがふくろはぎですが、肝心のその部分が活動で停止では順調に血液が巡らないままです。
血液が全身をスムーズに駆け巡り、栄養も酸素も届けることが出来るのに、ポンプ停止状態では血液自体が滞ってしまいます。

3.静脈血栓塞栓症は大変危険な状態

座ったままでポンプが動かないままになる状態が長くなると、血液がどろどろになり血栓が生じやすいです。
ガンなどの疾患にもみらえる血管におけるトラブルが血栓であり、そのまま血管内に血栓が詰まることがあります。

静脈血栓塞栓症は大変危険な状態であり、それが発端となり命を落とすこともあるためです。
第二の心臓としてふくろはぎへのケアも注目をされるようになりましたが、健康を長く良い状態でキープするためには、同時に太ももも健やかでなければいけません。

筋肉の大腿四頭筋があるのも太ももであり、もしも太ももを支える筋肉が順調に動かないと、体内での糖代謝のための脂肪分解酵素も機能も低下をしてしまいます。
糖代謝へのアプローチが順調に行えなくなるため、生活習慣病の一つにもなる糖尿病や肥満のリスクは高まるばかりです。

4.平日の仕事時間に日本人が総座している時間は7時間!

世界でもデスクワークで働く人は多数いますが、その中でも日本人が平日のオフィスワークで座る時間は、他の国よりも断トツトップになります。
20カ国の中でも平日の仕事時間に日本人が総座している時間は7時間であり、他の国の平均はおよそ5時間ほどです。

世界でいちばん「座りすぎ」! 日本人のがん、脳梗塞との関係は?

海外と比較をしても日本人は元来真面目であり、仕事に対してひたむきに内国国民性があるため、オフィスでの仕事を座ったまま黙々とこなす人はたくさんいます。
ですがこれは、職場だけの話ではありません。

ランチタイムで食事の際にも座りますし、帰宅途中で居酒屋へ行ったりレストランへ立ち寄っても座り、帰宅後もテレビを見たりするときに座ります。
1日の中でも座っている時間が8時間以上になると、死亡リスクと罹患リスクが高まることは否定ができません。