QRコード

今話題のPayPay(ペイペイ)ってどんな決済方法?メリットは?

1.PayPayとは

PayPayとは、スマホ決済サービスの一つで、ソフトバンクとヤフーの合弁会社です。
事前にスマホにアプリをインストールし、電子マネーをチャージしておくもしくはクレジットカードを登録しておくことで、アプリを使って実店舗での支払いが可能です。

PayPayのアプリには、ヤフージャパンのIDを使ってログインすることになります。
IDを持っていない場合には、ヤフージャパンに新規登録を行うか、電話番号とパスワードを設定しPayPayに新規登録することになります。

ヤフージャパンIDで登録した場合には、ヤフーマネーの利用やヤフーウォレットからチャージすることも可能です。

アプリにクレジットカードを登録するメリットとしては、残高不足になっていてもチャージなしで自動決済されるところです。
支払いする際には、QRコードもしくは、バーコードを使って支払うことになり、どちらを利用できるかは店舗に設営されている設備次第となります。

QRコードが店舗の掲示されている場合には、スマホのアプリから店舗の掲示されているQRコードを読み取り、支払金額を入力し、店員に金額を確認してもらえば支払いが完了します。
バーコードを見せる場合には、店員にアプリに表示されたバーコードを見せ、そのバーコードを読み取りしてもらうことで会計が完了です。

2.スマホだけで支払いの完結が可能

PayPayを使うメリットとしては、スマホだけで支払いを完結させることができるところです。
アプリのダウンロードからチャージ、支払いまで面倒な手続きなしでスマホだけで操作が可能になります。

また、登録やチャージ、支払い利用の際にも手数料無料になっています。
どのチャージ方法であってもチャージに手数料がかからないようになっているため、使いやすいチャージ方法を選ぶことができます。

還元率の高いクレジットカードでチャージするようにすれば、チャージする分のポイントを貯めることも可能です。
クレジットカードの選び方次第ではポイントを貯めやすくなります。

また、支払額の0.5%が還元されるように設定されているため、利用すればするほどお得になるようになっています。

還元率が高いとは言い切れませんが、キャンペーンなどが行われている期間はより高い還元率に設定されることもあり、残高の有効期限は、最後にチャージした日もしくは、特典やキャンペーンで残高に進呈された金額が足された日など、残高が変動した日から2年後と設定されています。

チャージし続けている限りは有効期限を気にする必要はありませんが、期限が切れてしまうと失効してしまうため、注意して利用することです。

3.指紋認証と顔認証の生体認証が可能なこともメリット

生体認証が可能なこともメリットの一つです。
指紋認証と顔認証のどちらも設定することができるため、本人以外が支払いすることは難しくなります。

より安全性を高めるためには、生体認証を設定しておくことです。
生体認証の設定は、アプリからセキュリティ認証を選び、端末の認証を有効にするを選ぶことで設定できます。

アプリからは他にも利用明細を確認することもできるため、どんな支払い方法で購入したかなどの詳細を見ることが可能です。
PayPayが使える店舗はまだ少ないですが、今後増えてくるとされています。

また、公式告知によると店舗側に導入するための費用がかからないとされているため、小さな店や個人店舗で導入しているところもあります。
アプリのインフォメーションから利用できる店舗を探すことも可能です。

現在地からエリア検索することも可能になっているため、近場で使える店舗を探すことができます。
2019年2月からはオンライン決済にも対応予定となっており、少しずつ利用できる店舗が増えています。

 

関連記事

ecoPayz(エコペイズ)口座の開設・登録方法